STAFFブログ

世界一簡単なインスタグラムのフォロワーを増やす方法講座

アバターエミコ
2019.12.26
フォロワー数

Instagramのフォロワーはやり方次第で簡単に増やすことができるコツがある

インフルエンサーマーケティングを行うにあたり、最も気になるのが「フォロワー数」ではないでしょうか?

Instagramにせよ、TwitterやFacebookにせよ、フォロワー数というのは最も重要かつわかりやすい集客率の指標となります。

特にインフルエンサーマーケティングを考えている場合、何人の人に見てもらえるか、気が付いてもらえるかがまず一番の関門となります。

もちろん、自分たちが求めている客層とは全く違う層のフォロワーがたくさんいても、マーケティングとしての効果はありませんが、仮に100人の層の違うフォロワーがいたとして、その内の1人が自分たちの求めている層のフォロワーや知り合いがいたとしたら、その人につながる可能性は非常に高くなります。

それが、1000人のフォロワーがいたら10人。10000人のフォロワーがいたら100人の目的としているフォロワーに届く可能性があるのです。

ですから、分母は間違いなく大きいほうが良いわけです。

そんなフォロワー。

ちょっとしたコツとポイントを押さえておけば、あっという間に増やすこともできるんです。

当然、フォロワーと言ってもお金で買った、嘘アカウントなどのフォロワーや、こちらからフォローしてフォローを返してもらって増やしていったフォロワーなどはNG。

アカウントの内容を見て、「いい!!」と思いフォローしてくれる……。

そんな「正真正銘の」フォロワーを増やしてみましょう。

テーマは統一させよう

テーマ

公式アカウントのテーマは総じて統一されているものかもしれませんが、場合によってはテーマが決まっていないことも。

お店のアカウントであれば「商品を紹介していく」「お店を紹介していく」といった内容になるかと思いますが、時に「あ、スタッフの日常なんかも書きたいな」と思うことがあるかもしれません。

ですが、お店や商品の紹介の中にスタッフの日常……という投稿があると、少しテーマからずれてしまうと感じる可能性があります。

そんな時は24時間で消える「ストーリーズ」を利用するなどして、極力テーマは統一させて投稿していくようにしましょう。

関連⇒Instagram「ストーリーズ」の詳しい使い方

これは、企業アカウントに限らず、個人のアカウントでも同じことが言えます。

例えば「お弁当の紹介」をメインとしていた中に、突然ペットの写真があったり、子供がブランコで遊んでいる投稿があったり……。

もちろん、鍵付きアカウントなどで、「個人の記録用」としてInstagramを利用している場合は良いのですが、見ている方からすると「お弁当の投稿を見に来ていたのに……」という事となり、フォローしづらく、フォローを外してしまうこともあります。

例外として、芸能人やモデルとして活躍している方の場合は、その方の生活そのものを見に来ているファンがフォロワーのほとんどですので、そうした方は、トレーニング光景や、愛犬との一枚、今日のおやつやメイク動画など、色々アップしても問題はないでしょう。

Instagramはアカウントを5つまで持つことができます。

できうる限り「テーマは統一させて」アカウントを利用するようにしましょう。

ハッシュタグにもポイントが

ハッシュタグ

写真にスポットが行きがちなInstagramですが、ハッシュタグは、実は最も大切な部分。

関連⇒Instagram向けハッシュタグの重要性とポイント

例えばカフェに行ったので「#カフェ」と書くとします。

そうすと「#カフェ」をハッシュタグとして投稿しているものが、175万(2019年12月現在)あることになります。

これだと自分の投稿はあっという間に流れてしまいますし、そもそも見に来てくれる人は何人いるかわかったものではありません。

ですので、このように分母の多いハッシュタグを使いたい場合は「#カフェ〇〇」などお店の名前を入れたり、「#カフェ」「#平日カフェ」「#青山カフェ」など、独自の複合キーワードを書いていくと良いでしょう。

ライターとしてオススメのハッシュタグの付け方は「上位に使われているような単語のメイン ハッシュタグ5つ」「独自ハッシュタグ5つ」「ピンポイントなハッシュタグ」「関連するものの検索されそうなハッシュタグ5つ」「英語のハッシュタグ10個」を書いていくこと。

これで、ハッシュタグの上限30個ぴったりとなります。

例えば、青山のオープンテラスカフェでコーヒーを飲んで、それを投稿するとなった場合……。

#カフェ #青山 #オープンテラス #コーヒー #カフェタイム:これで5つ

#平日カフェ #青山カフェ #コーヒータイム #ゆったり時間 #女子の平日:これで5つ

#カフェ〇〇(お店の名前) #マンデリンコーヒー(コーヒーの名前) #青山〇〇丁目(大まかな住所) #コーヒーナッツ(付け合わせのスイーツの名前など) #午後13時:これで5つ

#芳醇な香り #静かなカフェ #オススメ都内のカフェ #穴場カフェ #空いているカフェ:これで5つ

#cafe #coffee #teatime #cafetime #aoyama #japan #tokyo #aoyamakafe #manderin #coffeetime:これで10個

このように書くだけで、検索で見つけてもらえる可能性がグーンと伸びます。

あとは、「また見たい」と思ってもらえるような写真や動画を投稿しているかどうか。

まずは、ハッシュタグで「検索される可能性」をグーンと伸ばしましょう。

投稿時間は結構重要

時間

意外な盲点となるのが「投稿時間」。

もちろん、ターゲットとなるフォロワーの活動時間帯を仮定して投稿していくのが理想なのですが、平均的に学生も社会人も「通勤時間帯」と「お昼休み」がねらい目。

また、主婦もお昼がやはり子供がお昼寝をして、自分も少しだけ自分の時間帯を持てる良い時間なので、「平日の朝7時~8時」「平日の12時~13時」「平日の夜19時~20時(学生狙いの場合17時~18時)」あたりが最もInstagramを開いている可能性の高い時間でしょう。

また、平日や日曜の夜20時~23時も翌日に備えて、ベッドやソファーでゆっくりとスマホを弄っている可能性が高い時間なので、その辺りを狙うのもありですが、人によって寝る時間は結構様々。

学生などは寝るギリギリまで勉強をしていたり、主婦は子供を寝かしつけている間に自分も寝落ちしてしまうことなどあるため、2番目にオススメの時間帯……くらいに考えていた方が良いでしょう。

因みに、私のおすすめは「朝7時台」。

なぜなら、最もお勧めとされているのが夜17時~の帰宅時間帯なのですが、その時間はライバルもたくさん投稿しています。

ですので、投稿が埋もれる可能性もあります。

また、寝起きにスマホを見て目を覚ますという人も多いため、少し早めの6時台に投稿するのもおすすめです。

どちらにしろ「早起きは三文の徳」となります。

更新頻度は〇〇日に1回以上!

カレンダー

フォロワー増加において、気にして欲しいのが「更新頻度」。

投稿を貯めて起き、1日にたくさん投稿する。

毎日数枚投稿する。

2~3日に1回投稿する。

この中で一番効果的なのは、最後の2~3日に1回投稿する。

もちろん、毎日投稿することもフォロワー数増加には大切なのですが、1日に何度も投稿すると、逆に「うるさい」「しつこい」とフォローを切ってしまう可能性が高くなります。

「無理をしない範囲で」「定期的に」「飽きさせないように」「クオリティを下げないように」

これらを総合して考えると、最もお勧めの投稿頻度は2~3日に一回がよいと出ました。

ただし、最も大切なのは「更新をやめない事」。

どうしても週1回の投稿でないときついという場合は、それでも良いでしょう。

無理して投稿を頑張って、「やっぱり無理だ!」とやめてしまうより、ゆっくりでも良いので、定期的に投稿していくようにしましょう。

フォロワーを増やすのに最も大切なのは……

考える

ここまで上げてきたフォロワー数を増やすコツは……。

  1. テーマを統一させること
  2. ハッシュタグに気を付けること
  3. 投稿時間を気にかけること
  4. 2~3日に1回は投稿すること

恐らくこの4つに気を付けて投稿していけば、フォロワー数0の状態から1~2か月で100くらいはフォロワー数を増やすことができるでしょう。

一度フォロワー数が100まで行くと、あとはグングンと人数が増えていきますので、うまくいくと1年位で9000人くらいまで行く可能性もあります。

ですが、そこまで増やすには、この4つを守るだけではだめ。

投稿内容を考えたり、フォロワーを喜ばす(フォロワーのためになる)投稿をしたり、美しい写真、楽しい動画などをアップし続けていく努力が必要です。

もちろん、このフォロワーを増やす4つのコツだって、根気を必要とする「努力」になります。

フォロワーを増やすのに最も大切なのは、コツコツとした努力だったのです。

ですが、この努力を無駄な方向に向かせないためにも、こうした「コツ」「ポイント」はしっかり押さえておくようにしましょう。

大変な時はプロに頼もう

フォロワー数を増やすにはこのようにコツコツとした努力が不可欠。

そうなると、元々の業務に「インフルエンサーマーケティング」という業務が重なり、場合によってはスタッフがパンクしてしまうことも。

ですが、インスタグラムを利用したインフルエンサーマーケティングは、SNSがメインとなりつつある現代社会では必要不可欠な宣伝ツールであり、マーケティング手法。

折角のチャンスを逃してしまうのはあまりに惜しいことでしょう。

そんな時には、プレテイクのようなプロの手を借りるのもあり!!

プレテイクではプロのカメラマンからプロのライターまで、すべてお任せでできるようになっています。

また、更新頻度やテーマについての相談、時間帯なども今まで培ってきたWEBマーケティングの経験と知識で、最も効果の良い方法を提案できます。

インフルエンサーマーケティングに悩んだときは、お気軽にプレテイクにご相談ください!!