STAFFブログ

インフルエンサーには有名人やモデルよりも「普通の人」がオススメな理由

アバターエミコ
2019.07.01

インフルエンサーマーケティングには「一般人がおすすめ」とされる理由

インフルエンサーの中には色々なランク、タイプがあるというのをお伝えした事があります。

インフルエンサーマーケティングをするなら知っておきたいインフルエンサーの種類

インフルエンサーにはおおよそ五段階に分けられる種類があり、芸能人など、TVや雑誌などに日常的にでる仕事をしている影響力の高い「メガインフルエンサー」。

テレビ出演などは少なくとも、SNS上では認知度が高く事務所にも所属していることの多い「ミドルインフルエンサー」。

有名一般人から事務所所属をしているモデルなど、一番幅広いインフルエンサーがいる「マクロインフルエンサー」。

イラストレーターや何かに秀でた趣味等で有名な、マクロインフエンサーよりももっと狭い範囲で人気のある「ナノインフルエンサー」。

そして、フォロワー数1000人前後と、幅広い交友関係を持つ「ライトインフルエンサー」の五段階になります。

この五段階のインフルエンサーの中でも、今注目されているのが、マクロ~ライトインフルエンサーの中の「一般人インフルエンサー」。

当然メガインフルエンサーの方が影響力もあり、注目度も違うのではないか……と思われがちなのですが、実は意外にも一般人インフルエンサーの方がおすすめされる理由があったのです。

  1. ■■目次■■

企業の情報よりも「口コミ」のほうが信頼される現代

変化

一昔前はTVCMが絶大な効力を発揮していた時代がありましたが、2000年に入りブログがブームになった頃は、著名人のブログによって紹介されたものがかなりの信頼を得て、PRされた物が大きく売上を伸ばす時代になりました。

また、その時代は目的を持ってネットに接続する人が多く、検索をして目的物を探したり情報を得たりする人が多くみられました。

その後、2010年を過ぎた辺りからスマホとSNSが加わるようになり、目的はなくとも「なんとなく」「日常的に」インターネットに常時接続している時代となりました。

今の時代は一般ユーザーが当たり前のように情報を発信するということもあり、日常的に無意識に多くの情報を見聞きしています。

そうなると有名人や企業との結びつきよりも、より身近な個人ユーザーのインフルエンスに触れることの方が多くなり、また、少し悲しいことでもあるのですが、大企業や広告業界の不正や過大広告といったことも知られるようになって、個人ユーザーの発信した情報のほうが信頼がある……とされる風潮が出てきたのです。

今も昔も、最も人々が見聞きし、信頼する情報は「口コミ」になるのかもしれませんね。

個人のインフルエンス力は企業も動かす?

個人

マクロ~ライトインフルエンサーのフォロー数はおおよそ1万人~1000人前後が平均と言われています。

メガインフルエンサーが100万人以上のフォロワー数とされているので、マクロ・ナノ・ライト・インフルエンサーの各々平均を足しても太刀打ちできない人数です。

ですが、個人の口コミが重要視されるようになり、個人でも情報の拡散が容易くなった現代では、「ごく普通の生活を過ごしているインフルエンサー」たちの情報が重要視されています。

アクションカメラで有名な「GoPro」の会社では、一般ユーザーがGoProで撮影した動画や写真を公式サイトやインスタグラムの公式アカウントで拡散していく仕組みを作り、その売り上げを拡大に伸ばしていっています。

SNSでGoProユーザーを見つけてお声掛けすることによって、一般ユーザーでも熱狂的なファンとなり、特に金銭的な契約をせずともそのユーザーががインフルエンサーとしてマーケティングに協力してくれるということもあり、ユーザーは企業と、企業はユーザーとつながり双方WinWinの関係が結ばれるのです。

また、そうしたGoProのユーザーは情報に詳しいこともあり、フォロワーとしても商品に対する知識や撮影スキルに絶大な信頼をもって情報を得ることができるので、より一層PR効果を得ることができるのです。

インフルエンサーを意識していないことも効果的

自然体

このようにあまり有名ではないインフルエンサー、普段は普通の生活を過ごしているインフルエンサーには、他にもたくさんの利点があります。

例えばインフルエンサーを意識していないところ。

自分自身をインフルエンサーだと意識しすぎてしまうと、拡散を意識した投稿をし過ぎたり、ビジネス臭が出てしまうこともあります。

また、メッセージやコメントにも反応してくれるためフォロワーからの信頼が厚く、距離感も近いので「あの人が使っているのだから良い物だろう、信頼できるだろう」という意識が出やすいのです。

エンゲージメントが高くなり、自然にPRができるというかなりのメリットもあるため、あまり有名なインフルエンサーに無理に頼むよりかは、こうしたライトなインフルエンサーに依頼したほうが良いこともたくさんあるのです。

プレテイクではモデルだけではなく信頼できる一般のインフルエンサーとのつながりをたくさん持っています。

あまり「宣伝」といった風を前面に出したくない場合、自然とPRしていきたい場合などにとてもおすすめですので、ぜひご相談ください。