STAFFブログ

インフルエンサーに依頼する3つの方法とメリット・デメリット

アバターエミコ
2019.07.25
依頼

インフルエンサーに依頼するならどのような方法があるのか!?

いざ、インフルエンサーマーケティングを行ってみようと思っても、出したての商品やサービスにはまだ、そんなにたくさんのファンがいるというのは考えにくいもの。

そうした時に重要になってくるのが「インフルエンサー」なのですが、多くの会社はどのようにインフルエンサーに依頼をしているのでしょうか?

身内や自分が投稿するわけでもないインフルエンサーマーケティング。

全く会ったことのないインフルエンサーに依頼する方法やメリット・デメリットについて、今回もわかりやすくお伝えいたします。

  1. ■■目次■■

インフルエンサーに依頼する方法は3つ

その1 直接インフルエンサーに自ら依頼する

検討

最も多くの人がすぐに思いつく方法が、「自分で探して自分で直接依頼する」という方法。

メリットは恐らく最も費用が安く済むということ。

直接依頼する分仲介マージンが取られることがないので、当然安く済みます。

デメリットは3つ。

1つは、「時間が多く取られること」。

インフルエンサーを探し、選定し、DM(ダイレクトメール)などを送り、複数回のやり取りを行い、場合によっては打ち合わせなども行います。

そのためにどうしても時間が必要となるのです。

2つめは、「炎上対策などを自分たちで行う必要があること」。

インフルエンサーマーケティングは、インフルエンサーに依頼したらそれっきりということではなく、その後、インフルエンサーのスケジュール管理や、効果的な発信時間に投稿する、投稿内容の確認などを行う必要があり、そうした工程を放置してしまうと、炎上してしまうケースが出てきてしまうのです。

もちろん、炎上させてしまったインフルエンサーが悪いのですが、被害を一番にこうむるのは企業側。

そうした自衛策を練る必要もあるのです。

3つめは、「インフルエンサーからの信頼を得る必要があること」。

考えてみてください。

自分のTwitterやInstagramのDMに、ある日突然見知らぬ企業から「当社の製品を使って、感想を投稿してほしい」といった内容の連絡が入っていたら……。

フォロワー数の少ないインフルエンサーなら突然のことに驚き、不安になるでしょう。

フォロワー数の多いインフルエンサーなら、慣れている分、この会社は信頼のおける会社かということが気になるでしょう。

そうした、インフルエンサーの不安感を除くための、誠実なメールのやりとりなども必要となってきます。

その2 広告代理店などに依頼する

依頼

自社から広告代理店やWEBマーケティング会社などを通し、そこからさらにインフルエンサーキャスティング会社に製品やサービスにぴったりくるインフルエンサーを探し、依頼してもらう方法があります。

メリットは2つ。

1つめは、広告代理店やWEBマーケティング会社がインフルエンサーマーケティングの企画などを行う場合、面白い企画ができたり、話題性のあるマーケティングができる可能性があるという事。

そして、2つめはインフルエンサーを探し、依頼し、管理するということを代理店が行ってくれるため、大幅にインフルエンサーマーケティングを行う作業の時間が減るということです。

もちろんデメリットもあります。

その最たるものが、やはり自分で探すよりも費用が掛かってしまう事。

もし、広告代理店やWEBマーケティング会社がインフルエンサーを抱えていない場合、インフルエンサーキャスティング会社に仲介を依頼するため、さらにコストがかかることもあり、そういった点でのデメリットは出てきてしまいます。

その3 インフルエンサーキャスティング会社に依頼する

モデル

これは、広告代理店やWEBマーケティング会社を通さず、インフルエンサーを抱えているインフルエンサーマーケティング会社、もしくはインフルエンサーキャスティング会社に依頼をするということ。

メリットは2つ

1つめはWEBマーケティング会社や広告代理店を挟まない分コストが少しだけ安くなるということ。

また、2つめはインフルエンサーキャスティング会社の場合、インフルエンサーマーケティングのプロですので、効果的なPRの提案や、炎上対策などといった対応に優れているので、安心して任せることができます。

デメリットは、2つ。

1つめは、やはり自分でインフルエンサーを探し、依頼するよりも、コストがかかること。

これは、他社に依頼している分どうしても外せられないデメリットでしょう。

2つめは、会社によりますが、広告代理店などと違い、インフルエンサーを紹介するだけの場所であることもあり、PR方法の提案や対策などは対応していない場所もあるということ。

もちろん、しっかりとアフターケアをしてくれる会社もありますので、そこは吟味すると良いでしょう。

WEBマーケティング会社がインフルエンサーキャスティングも行っている場合も

キャスティング

広告代理店やWEBマーケティング会社がインフルエンサーを行う場合、インフルエンサーを探さないといけないこともありますが、インフルエンサー自体をすでに多く抱えている会社もあります。

プレテイクは元々WEB集客・販売に特化したコンサルティングを行っている会社ですが、そこに加えてインフルエンサーマーケティングサービスを行っています。

しかもプレテイク自身が1000人以上のインフルエンサーを抱えているため、フットワークも軽く、なにより費用がぐっと抑えられることができ、業界最安値でサービスを提供することができるのです。

企画・提案とインフルエンサーの依頼・管理の双方ができるというのは、他ではあまり見られないサービスですので、低コストで色々な相談をしたい……と言う場合は、プレテイクのようなインフルエンサーキャスティングもできるWEBマーケティング会社を探してみるとよいでしょう。