STAFFブログ

インフルエンサーマーケティングと相性の良いサービス・商品とは?

アバターエミコ
2019.06.20
相性

マッチするとその効果は倍増 インフルエンサーマーケティングに適したサービスや商品は?

インフルエンサーマーケティングとは基本的に、インフルエンサーがその商品やサービスをInstagramなどに投稿し、その宣伝力を持ってPRしていくマーケティングです。

投稿ということを考えると、動画や画像、そしてハッシュタグがそのPR方法の主たるものになりますが、そうなるとインフルエンサーマーケティングに適したサービスや商品とそうでないものも自然と出てきてしまいます。

今回は、そんなインフルエンサーマーケティングにマッチするサービス・商品と、そうでないものについてお話しします。

  1. ■■目次■■

インフルエンサーマーケティングに合うサービス・商品の例

バカンス

まず始めに考えるのが「動画」や「画像」に『映える』製品やサービスか……というところ。

インフルエンサーマーケティングと相性の良い商品で考えると、やはり、「写真でぱっと見える製品」。

例えば洋服や帽子、靴などのアパレル関係はコーディネートなども可能で、インフルエンサーの着こなしを真似したいという心理も働きやすく、とても相性が良いと言えるでしょう。

また、意外なのが「メイク用品」。

Instagramでは様々なメイクスタイルを投稿しているインフルエンサーが多く、スキンケア用品などぱっと見ではわかりにくいものでも、「この化粧水の使い心地がよかった」「私はこちらを使ってから肌がすべすべになった」という感想をいただければ、それだけで商品への信頼感が増加します。

香りがウリである香水などでも、モデルのようなインフルエンサーさんが写真を撮ってPRすることで、そのエンゲージメントを伸ばすこともあり、化粧品・ファッションなどの女性向け商品はインフルエンサーととても相性が良いことが解ります。

他にも主婦層がよくInstagramを見ていることもあり、お弁当や料理の投稿も人気。

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019.6.12🌥 おはようございます◟̆◞̆❤︎ ・ どんより曇り空の朝ですが、これから回復してくる見込み⛅️ スッキリ晴れ渡ってくれないかなぁ✨ ・ #今日のお弁当 は#春巻き & #ヤンニョムチキン 弁当🍱 昨晩の夕飯のスライドです💦 頭が回らなくメニューが全く思いつかず😥 今夜も外出するので、明日のお弁当どうしましょうね😓 夏休みが待ち遠しいです 笑 ・ さて、今日は忙しくなる予定🙄 ポチ逃げになると思いますが、お許し下さいね🙏 ・ 今日も笑顔で良い一日を🍀 ・ ・ #おうちごはんLover #おうちごはん #豊かな食卓 #wp_deli_japan #snapdish #マカロニメイト #曲げわっぱプレゼント1906 #かりんほんぽ #オベンタグラム #フーディーテーブル #高校生弁当 #お昼が楽しみになるお弁当 #お弁当 #食べチョクアンバサダー4期生募集中 #クイジナートお弁当 #クイジナートlove #ママリクッキング #osusumegohan #私のおいしい写真 #アルペンザルツ #わっぱ弁当 #男子弁当 #おいしい初夏研究会

kiwaさん(@kaoruru.mama)がシェアした投稿 –


 ※「#今日のお弁当ハッシュタグ」もあるほど※

冷凍食品やお弁当箱、料理や調理器具に関してのインフルエンサーマーケティングとも相性が良いことが解りますし、また、それに伴い、例えばランチョンマットや椅子・テーブル、花などのインテリア系にも強いことが解りますね。

そしてもう一つ忘れてはいけないのは「トラベル系」。

Instagramと言えば写真。

写真と言えば、旅行先でよく撮るもの。

例えば「どこどこにプチ旅行に行ってきました。最高のロケーション!」と言って、インフルエンサーさんが美しい景色の写真を投稿したら……? 自分も行ってみたくなりますよね。

もちろん、旅行先での食べ物の投稿やレジャー施設での写真の投稿もかなりのPRになるでしょう。

たこ焼き屋さん

このように、「画像のPRをしやすい製品やサービス」そして、女性向けトレンド商品などは、インフルエンサーマーケティングと相性が良く、その効果が×2倍も、×3倍も相乗していくことが期待できます。

インフルエンサーマーケティングと相性があまり良くないサービス・商品

金融

では、逆にインフルエンサーマーケティングとあまり合わないサービスや商品はどのようなものでしょう。

まず、Instagramの場合動画の分数が1分以内と短めなため、例えばゲームのPR動画、実況などにはあまり適していないでしょう。

また、保険や投資信託、介護サービスなどの「写真でイメージを伝えにくいサービス」なんかもInstagramとの相性の関係で、インフルエンサーマーケティングと合わないことがあります。

他にも、口臭対策や水虫のお薬など、どうしてもプライベートな事情と関わってくることは、こうした公のSNSとの相性は良くなく、あまり効果の期待が出来ないかもしれません。

このほかにも、ユーザーの関係上高齢者向けの商品などはあまり相性が良くないかもしれませんが、介護する側が息抜きで見ているパターンもありますので、宣伝方法によっては効果が見られる可能性があります。

相性が悪そうでもやり方次第で……

自分の取り扱うサービスや商品がインフルエンサーマーケティングと相性が悪そうでも、上記のように高齢者向けではなく「高齢者の介護をしている方向け」にPRしてみたり、また、Instagram以外のSNS、例えばYouTubeやTwitterなどでマーケティングをするという方法もあります。

まず、PR商品とインフルエンサーマーケティングと相性はどうか。

そして、相性が悪かった場合、他の方法はあるのかといった相談はプレテイクでも可能です。

それぞれのSNSの特性や傾向等を一人で調べて把握するのはとても大変な事ですので、気になったら一度、インフルエンサーマーケティングを行っている会社に相談してみると良いでしょう。